2010年 08月 29日 ( 1 )   

赤津貫入土で練りこみ   

2010年 08月 29日


今週も行きました☆陶芸!

前回の一輪挿しは、まだ素焼きが上がってません。
やっぱり乾燥に時間がかかります・・・;

というわけで、練り込み技法をやりました006.gif
以前は種類の違う2つの土での練り込みでしたが、
今回は土に砂つぶのようなものを入れて練り込む技法です♪

e0175276_1523571.jpg

マイカ、というそうです。
これも鉱物の一種??

これを土に混ぜていきます。
マイカが映える土としては、やっぱり焼きあがりが真っ白になる
赤津貫入土☆☆

そう!柔らかくって、土殺しも、ロクロ成型も難しい、アレ、です><
真っ白い中にグレー&黒っぽい粒が入っているイメージなので、
底の深いものよりも、浅くて、広がっている器がいいなーと思いました034.gif

e0175276_15255137.jpg

 ↑ 左側が最初の作・・・やっぱりちょっと中心がズレた008.gif
右のほうがまだバランスがキープできていると思う。。

e0175276_1530147.jpg

 ↑ 上から見ると、ほら、結構ちゃんとお皿の形になってる。。。
だけどね~・・・実際は結構歪んでいるんですよぉ><

これを削りで、いかに厚みを均等に、キレイな器にしていけるか?
ここがポイントなのですっ!

e0175276_15274927.jpg

赤津貫入土は、焼くと真っ白なのですが、粘土のときはグレー。
だから、マイカの粒感が、いまいち、見えてこないのだ・・・。
このお皿の中心のところに黒いポツポツ、見えるかな???

きっと素焼きでもまだ分かりにくいのかも。。
最終的な練り込み加減は、本焼き後に初めてご対面☆です003.gif

とりあえずは次回の削り。
丁寧に、慎重に削っていきたいと思います♪



ワンクリック&応援宜しくお願いします^^
   ↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by yurin4056 | 2010-08-29 15:34 | 陶芸